LectureMAKERすぐれたツールが、すぐれた教材を生み出す!!


8-1.実行停止

実行停止はスライドのオブジェクトを一次的に停止する際に使用します。一次停止をした後、キーやマウスをクリックによってスライドを進行させる方式と指定した時間以降に自動的に進行させる形式の二つがあります。電子ペンを設定するとコンテンツを実行する際に電子ペンをすぐ使うことができます。

1. スライドに図またはいろんなオブジェクト挿入後【コントロール】→【実行停止】を選択します。

2. オブジェクトウィンドウに「実行停止」オブジェクトが生成されました。

3. オブジェクト目次ウィンドウで一次停止をクリックしてコントロールしようとするオブジェクト間にドラックして位置を指定します。

一次停止オブジェクトをダブルクリックすると以下のようにウィンドウが表示されます。

  1. 実行停止
    – キーやマウスクリックする際実行:次のオブジェクトが実行するためにキーやマウスをクリックします。
    – 時間待機:次の個体を実行されるための時間が過ぎなければなりません。 時間は秒単位で設定します。
  2. 電子ペン
    電子ペンの場合電子ペン色とペン太さを事前に指定した後、スライド実行する際にすぐ電子ペンが出て早い講義を実行することができます。

[!] 参考

– イメージファイルを複数使用して時間待機機能を利用するとアニメーション効果を出ることができます。

Get Adobe Flash player