LectureMAKERすぐれたツールが、すぐれた教材を生み出す!!


7-13.録音

録音機能を使用すると録音、再生及び編集することができます。

1. 【挿入】→【音声録音】をクリックすると、録音ダイアログが表示します。

2. ファイル名を入力した後 ( )をクリックして録音します。

3. 録音が完了したら ( )をクリックしてオブジェクトを挿入する前に ( )をクリックしてプレビューすることができます。

4. 編集が完成した音声は【音声オブジェクトで挿入】をクリックしてスライドに挿入します。

 

[!] 参考
– チャンネル、BPS、周波数を利用して録音前に音の品質を設定します。
– 録音が完了したらプレビューしながら【前の部分削除】【後ろの部分削除】を利用して必要ない音をカットすることができます。
– wmaで変換した後オブジェクト挿入:wav ファイルをwmaで変換して保存します。 wmaで変換すると圧縮され音声ファイルサイズが小さくなり、ウェブサーバー上で再生する際にストリーミングやプログレッシブ ダウンロード再生が可能です。
Get Adobe Flash player