LectureMAKERすぐれたツールが、すぐれた教材を生み出す!!


7-18.テキストボックス

スライドで文字を出力する際に利用します。

1. 【挿入】→【テキストボックス】をクリックした後、文字を入力するところにマウスポイント ( )をクリックまたはドラックします。

2. マウスポイント( )をクリックして文字を入力する際には使用者がキーボート [Enter]で強制改行をしなければ、横で文が入力され続けます。

3. テキストボックスが入力される画面です。

4. ダブルクリックすると【テキストボックス書式】が表示します。ここでテキストボックス書式を設定します。

  1. テキストボックスグループ:テキストボックス属性ウィンドウを確認することができます。
  2. 整列:挿入されたテキストボックスに対するオブジェクト整列、隠す/表示を設定することができます。
  3. アニメーション:オブジェクトにアニメーション効果を設定することができます。

5. 特殊文字を選択した後、【ホーム】テキストボックス ( )アイコンでも挿入可能です。【ホーム】ではフォントと整列等を設定することができます。

[!] 参考

– テキストボックスウィンドウにファイル( )をクリックしてテキスト文書ファイルを選択してテキスト中に他の外部テキスト文書を挿入することができます。
(可能な外部テキストファイル : *.txt, *.xedit, *.neoml)

Get Adobe Flash player