LectureMAKERすぐれたツールが、すぐれた教材を生み出す!!


7-20.表

コンテンツを作成する際に表を利用して複雑な内容や数値資料を一目瞭然に整理することができます。表はテキストボックス中に挿入され、表の中にまた他の表を挿入することができます。

1. 【挿入】→【表】をクリックすると列と行を設定するダイアログが表示されます。

2. 列と行個数、サイズを設定して【確認】をクリックすると表がテキストボックス中に挿入されます。

  1. 列個数:列の個数を設定します。
  2. 整列:挿入した数式計算テキストボックスにオブジェクト整列、隠す/表示を設定することができます。
  3. 行個数:行の個数を設定します。
  4. 行高さ:行の縦高さを設定します。
  5. 表挿入:表が挿入された画面です。

3. 表を選択した後、【右マウス】→【図表修正】をクリックして表を修正します。

  1. 線を描く:表を分割することができます。
  2. セル合わせること:ブロックで設定した2つ以上のセルを一つで合わせることができます。
  3. セル解決:現在大きいからでは位置したセルまたはセル ブロックと設定されているセルらをいくつかのセルで分けます。
  4. 行追加(上):全体行を現在表の上に追加します。
  5. 行追加(下):全体行を現在表の下に追加します。
  6. 列追加(前):全体列を現在列前に追加します。
  7. 列追加(後):全体列を現在列後に追加します。
  8. 削除:全体行または全体列をブロックで設定して一括削除します。
  9. セル上に整列:大きく設置したセルに挿入された内容を上側で整列します。
  10. セル中に整列:大きく設置したセルに挿入された内容を中心に整列します。
  11. セル下の方に整列:大きく設置したセルでは位置したセルに挿入された内容を下方に整列します。
  12. 図表選択:作業している表を選択します。

4. 表を選択した後【右マウス】→【オブジェクト属性】をクリックして属性値を編集することができます。

  1. 配置:テキストボックス中に挿入されたオブジェクトとテキストをどんな形式に配置するか設定します。
  2. 余白:表の内側余白と外側余白を設定します。
  3. 枠:表枠の色および枠厚さを設定します。 
  4. 背景イメージ:表中にバックグラウンドに入るイメージを設定します。
  5. 背景:表中の色を設定します。
Get Adobe Flash player